不動産投資を始めよう|一棟だけではなく区分マンションにも注目

不動産投資の目的

集合住宅

不動産投資の最近のトレンドは相続対策

一昔前は、サラリーマンの副業としての不動産投資がはやりました。ワンルームマンションへの投資などが代表的なものでしたが、最近は少し傾向が変わってきています。不動産投資を行う目的が相続対策というケースが増えているのです。 相続対策としてアパートを建設して賃貸事業を始めるという不動産投資は以前からありましたが、ここ数年でその傾向が強まりました。これは、相続税の基礎控除が60%に縮小される等が盛り込まれた税制改正の影響が大きいと言われています。 相続が発生した場合、更地の相続税の評価額はその土地の路線価等の評価額そのままが使われて相続税の計算が行われます。しかし、アパートなど居住用建物が建っている場合は、借りている人の権利分評価額が減少し、相続税の節税になります。そのため、相続対策として不動産投資が行われるケースが増加したのです。

効率の良い不動産投資について

不動産投資には様々な物件を対象にすることができ、一棟マンションやアパート、戸建賃貸住宅、区分マンション、不動産投資信託などの種類があります。 効率が良い不動産投資としては、築年数が古く、立地条件等でメリットがある区分マンションを数戸購入し、賃貸物件として貸し出すことで収益を上げるという方法が有力です。築年数が40年以上過ぎた区分マンションは比較的底値で推移しており、それ以上価値が下がらないという性質を持っているため、一度購入し賃貸として数年間賃貸物件として運用し、買った時と同じ金額で売ることで、家賃収入分が儲けとなります。 この不動産投資では、物件の立地条件が良くなければ、借主を探すことや購入時の値段で売ることが難しくなりますので、物件選びには細心の注意が必要です。

入居率や目的にあった

今の時代では、いろいろな投資を行なっている人がいます。中でも不動産投資は、誰でも気軽に始められる投資です。どんな投資をするかきめるとセミナーやインターネットを使って情報を集めましょう。

リスクの低い投資方法

投資は、リスクが高いというイメージがつきものですが、方法次第ではリスクを回避しながら安定した利益を得る方法があります。兵庫で投資をするなら、不動産投資がおすすめです。特別な資格もスキルも必要ないので、初心者でもできる簡単な投資です。